弊社代表が(一社)官民共創未来コンソーシアムのイベントで基調講演します

弊社代表の藤井哲也は、一般社団法人官民共創未来コンソーシアムが主催するオンラインイベントで、基調講演を行います。
Peatixから参加申し込みPeatixから参加申し込みをして頂くことができます。参加費は無料です。ぜひご参加くださいませ。

ーーーーー
【開催概要】
第3回 官民共創未来コンソーシアム主催セミナー
「どうすれば、官と民はつながりあえるのか?」~それぞれの立場から課題を洗い出す~

日時 4月17日(土曜) 14時~16時

 ータイムスケジュールー

14:00 開会挨拶

14:05 「内側から見た行政、ふたたび外側から見る行政」
講演:藤井 哲也(一般社団法人官民共創未来コンソーシアム事務局長)

官民共創を進めるために重要なのは、「パブリック人材」。
内側から見た行政と、外側から見た行政に違いはあるのかないのか。官民共創を推進する要因、障害となる要因。
議会はどのように官民共創をとらえる必要があるのか、どう地域づくりに自分の声を生かしていくかをお話しします。

14:20 参加自治体の自己紹介
滋賀県日野町長 堀江和博氏
山形県酒田市 安川智之氏

14:40  クロストークセッション「首長、公務員、地域で頑張る人、それぞれの視点から考える」
滋賀県日野町長 堀江和博氏
山形県酒田市 安川 智之氏
一般社団法人官民共創未来コンソーシアム 事務局長 藤井哲也
一般社団法人官民共創未来コンソーシアム 自治体担当 中村吉秀
一般社団法人官民共創未来コンソーシアム 事務局サポート 田中恵理
15:40 質疑応答
15:50 閉会挨拶・写真撮影 
16:00 終了予定

弊社代表が一般社団法人官民共創未来コンソーシアムの事務局長に就任しました。

弊社代表の藤井哲也が、一般社団法人官民共創未来コンソーシアムの事務局長に就任しました。
一般社団法人官民共創未来コンソーシアムは、2020年5月に設立された官民共創を推進するための団体です。
詳細につきましては、社団のHP社団のHPをご覧ください。

弊社代表が株式会社Public dots & Companyのパートナー/事業部長に就任しました。

2021年3月1日に、弊社代表の藤井哲也が株式会社Public dots & Companyのパートナー/事業部長に就任しました。

■関連プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000044479.html

弊社Head Officeを京都河原町御池の「QUESTION」に移転。

2021年2月1日より、弊社Head Officeを京都河原町御池の「QUETSION」に移転しました。
地下鉄「京都市役所前」すぐの立地です。

新しい所在地
〒604-8006 京都府京都市中京区 河原町通御池下ル(下丸屋町390-2)
QUESTION 2・3階

※QUESTIONは、現在緊急事態宣言のため、営業時間が午前10時~午後7時となっています。

「政策ドットネット」の講師に代表の藤井哲也が就任しました。

一般社団法人日本公共政策研究センターが企画運営する「政策ドットネット」の講師に代表の藤井哲也が就任しました。
「政策ドットネット」は、地方議員や行政関係者など、公共政策に携わる全ての人へ向けたセミナー動画配信サービスです。

サービス概要についてはこちらこちらをご覧ください。

ソーシャル政策メディア「パブリンガル」に弊社代表が特別寄稿しました。

ソーシャル政策メディア「パブリンガル」(運営:株式会社パブリンク)に、弊社代表の藤井哲也が特別寄稿を行いました。
「デジタル庁や行政DXの成功を決める、官民越境人材の可能性」「デジタル庁や行政DXの成功を決める、官民越境人材の可能性」というテーマで、官民共創の成功要素について取り上げています。
なお、弊社代表は「パブリンガル」の公式ピッカーである「プロバルリンガル」として選定されています。

AERA(アエラ)に代表・藤井のコメントが掲載されました。

「AERA」(2020年12月14日発売号・朝日新聞出版)の就職氷河期世代に関する記事で、代表・藤井哲也のコメントが掲載されました。
掲載されたコメントは下記の通りです。

ーーー
企業側の採用意欲を促す取り組みを続ける動きもある。
11月12日に滋賀県主催で行われた企業向けのオンラインセミナー。講師を務めたのは、元大津市議で、現在は氷河期世代の支援を行うパブリックX社長の藤井哲也さん(42)だ。
この日、福祉や電気設備、警備などの業界から8社の担当者が参加した。セミナーで藤井さんは、こう訴えた。
「非正規の期間が長くても、就業支援機関などで基本的なビジネスマナーやコミュニケーション能力を身につけている人もいます。苦労も含めて多様な経験がある。企業の多様性を考えたうえでも採用にメリットはあります」
ロスジェネの支援には、採用側への働きかけが重要だと考えている。旗を振る国側の働きかけには期待しているものの、まだまだ「不十分」と感じているという。
ーーー

神奈川県の就職支援サイトにコラムが掲載されました!

神奈川県の就職支援事業である「かながわ正社員就職プロジェクト」のサイトに、弊社代表・藤井のコラムが掲載されました。
企業向け採用支援コラムとして、就職氷河期世代人材の採用メリットや、就職氷河期世代人材の活用ノウハウについてコラムにまとめています。
「かながわ正社員就職プロジェクト」のウェブサイトはこちらこちら

滋賀県主催の企業向けセミナーに代表・藤井が登壇しました!

滋賀県主催・しがジョブパーク運営の企業向けセミナーに弊社代表の藤井が登壇しました。
就職氷河期世代の採用・活用を進めるために、滋賀県内事業者の採用機運の醸成に向けて、就職氷河期世代に関する基礎知識や人材採用のメリット及び課題について講演しました。

KOIN・ACCELERATOR・PROGRAMのメンターに代表の藤井が就任しました

一般社団法人京都知恵産業創造の森が企画運営する、“新しい一歩を踏み出す人のための共創の場”『KOIN』が、あなたの「○○をやってみたい。」の具体化・実現に向けて、幅広い知見を持ったビジネス・プロデューサーや起業家から助言やヒントを得られる場として、『KOIN・ACCELERATOR・PROGRAM』を立ち上げました。

今回、弊社代表の藤井が、当プログラムのメンターとして就任することとなりました。
京都のオープンイノベーションの推進、京都における起業家やイントレプレナーの発掘・育成に取り組んでいきます。

1 2